プログラミング言語 Crystal

Crystal の日本語ドキュメントはしばらく更新されておらず情報が古くなっているため、できるだけ原文の英語ドキュメントで最新の情報を参照ください。

翻訳にご協力いただける方は翻訳プロジェクトの issue や Crystal-JP の Slack からお知らせください。

式としての if

if は式としても機能し、その値は、該当する分岐節の最後の式の値になります。

a = if 2 > 1
      3
    else
      4
    end
a #=> 3

もし、条件に合致する分岐節が空の場合、もしくは合致する分岐節自体が存在しない場合には、そこに nil が与えられていたのと同じ挙動になります。

if 1 > 2
  3
end

# 上記は以下と同じ
if 1 > 2
  3
else
  nil
end

# 例2
if 1 > 2
else
  3
end

# 上記は以下と同じ
if 1 > 2
  nil
else
  3
end