FreeBSD への

インストール

FreeBSD では、バージョン 11.0 から Crystal のコンパイラが ports ツリーに含まれています。

今のところは、aarch64amd64 のプラットフォームでのみ有効です。

FreeBSD 上で --release フラグをつけて Crystal のコードをビルドする際は、--no-debug フラグをつけて LLVM の警告が出ないようにする必要があります。

パッケージのインストール

Crystal はコンパイル済みのパッケージとして有効です。ですが、それは一番最近のバージョンではないかもしれません。

sudo pkg install -y crystal shards

-RELEASE バージョンの FreeBSD であれば、デフォルトで pkgquarterly パッケージセットに設定されています。これは各クオーター毎に更新されます (セキュリティパッケージを除いて)。

クオーター毎の更新を latest に切り替えるには、/usr/local/etc/pkg/repos/FreeBSD.conf を次の内容で作成します。

FreeBSD: {
  url: "pkg+http://pkg.FreeBSD.org/${ABI}/latest"
}

port によるインストール

Crystal を自身でビルドする場合は、ports ツリーによるインストールが有効です。

ports コレクションをインストールしていない場合は、portsnap fetchgit clone https://github.com/freebsd/freebsd-ports でダウンロードしてください。

sudo make -C/usr/ports/lang/crystal reinstall clean
sudo make -C/usr/ports/devel/shards reinstall clean

LLVM をビルドするのを避けるため (これはとても時間がかかります)、まず最初にバイナリパッケージをインストールすることができます。

sudo pkg install -y llvm60

もしくは、Synth のような賢い port ビルダーを使うこともできます。これは再ビルドが必要ない場合に、自動的に依存関係のバイナリパッケージをダウンロードしてくれます。


インストールできましたか?

学ぶ

何か問題が発生しましたか?

フォーラムでのサポート