type

lib 宣言の内部で type を宣言すると、C の typedef 宣言に近いことができます。ただし、より厳密に振舞います。

lib X
  type MyInt = Int32
end

C とは異なり、Int32MyInt を相互に交換して使うことはできません。

lib X
  type MyInt = Int32

  fun some_fun(value : MyInt)
end

X.some_fun 1 # Error: argument 'value' of 'X#some_fun' must be X::MyInt, not Int32

したがって、ラップしようとしている C ライブラリの生成する opaque な型に対して type 宣言を有効です。この例としては、fopen によって得られる C の FILE 型があげられます。

この宣言の型の指定方法については型の文法を参照してください。

results matching ""

    No results matching ""