コンテンツにスキップ

浮動小数点数 (Float)

浮動小数点数 (Float) には2つの種類があります。それは Float32Float64 で、それぞれ IEEE によって定義されている binary32binary64 に対応しています。

浮動小数点リテラルは + (オプション) または - 符号に続く数値とアンダースコアからなり、さらに指数部分と型を表わすサフィックスを続けることができます。サフィックスがない場合はリテラルの型はFloat64となります。

1.0     # Float64
1.0_f32 # Float32
1_f32   # Float32

1e10   # Float64
1.5e10 # Float64
1.5e-7 # Float64

+1.3 # Float64
-0.5 # Float64

サフィックスの前のアンダースコア (_) はオプションです。

アンダースコアは、数値を読みやすくするためにも利用できます。

1_000_000.111_111 # 1000000.111111 を読みやすくしたものです