ジェネリクス

ジェネリクスによってある型を元にしたパラメーター化した型を作ることができます。Box 型を考えてみてください。

class MyBox(T)
  def initialize(@value : T)
  end

  def value
    @value
  end
end

int_box = MyBox(Int32).new(1)
int_box.value # => 1 (Int32)

string_box = MyBox(String).new("hello")
string_box.value # => "hello" (String)

another_box = MyBox(String).new(1) # Error, Int32 doesn't match String

ジェネリクスは特にコレクション型を実装するに便利です。ArrayHashSetPointerなどはジェネリック型です。

型引数は複数設定することが可能です。

class MyDictionary(K, V)
end

型引数の名前にはどんな名前でも使うこともできます。

class MyDictionary(KeyType, ValueType)
end

型変数の推論

もし型引数が指定されなかった場合、ジェネリック型のコンストラクタに設定された型制約は自由変数として扱われ、それが型推論に利用されます。例をあげます。

MyBox.new(1)       # : MyBox(Int32)
MyBox.new("hello") # : MyBox(String)

上記では、MyBox に型引数を与えていません。このとき、コンパイラは以下の流れで推論を行います。

  • MyBox.new(value)initialize(@value : T) を呼び出す
  • T の型はまだ設定されていないので、この引数の型に設定する

このようにして、ジェネリック型の扱いが冗長になってしまうことを軽減しています。

ジェネリックな構造体とモジュール

構造体とモジュールをジェネリックにすることも可能です。ジェネリックなモジュールは以下のようにインクルードします。

module Moo(T)
  def t
    T
  end
end

class Foo(U)
  include Moo(U)

  def initialize(@value : U)
  end
end

foo = Foo.new(1)
foo.t # Int32

上記で TInt32 となります。これは Foo.new(1) によって UInt32 となり、そしてジェネリックなモジュールのインクルードを経由して TInt32 となるためです。

ジェネリック型の継承

ジェネリックなクラスとモジュールを継承することも可能です。継承する際はに、具体的な型を指定するか、もしくは型変数を移譲することができます。

class Parent(T)
end

class Int32Child < Parent(Int32)
end

class GenericChild(T) < Parent(T)
end

results matching ""

    No results matching ""