型の文法

以下の場合、

一般的な型に対する便利な記法が用意されています。これらは特に C バインディングを書くときに有効ですが、上記した箇所であればどこでも利用することができます。

パスとジェネリクス

一般的な型とジェネリクスは以下のように利用します。

Int32
My::Nested::Type
Array(String)

ユニオン型

alias Int32OrString = Int32 | String

型でパイプ記号 (|) を使うと、ユニオン型となります。Int32 | String は「Int32 もしくは String」と読みます。通常のコードにおいては、Int32 | String が意味するのは Int32 に対して String を引数として | メソッドを呼び出すことを意味します。

Nil 許容型 (Nilable)

alias Int32OrNil = Int32?

これは以下と同じです。

alias Int32OrNil = Int32 | ::Nil

通常のコードにおいても、Int32?Int32 | ::Nil のユニオン型を表します。

ポインタ型

alias Int32Ptr = Int32*

これは以下と同じです。

alias Int32Ptr = Pointer(Int32)

通常のコードにおいては、Int32* が意味するのは Int32 に対して * メソッドを呼び出すことを意味します。

静的配列 (StaticArray)

alias Int32_8 = Int32[8]

これは以下と同じです。

alias Int32_8 = StaticArray(Int32, 8)

通常のコードにおいては、Int32[8]Int32 に対して 8 を引数として [] メソッドを呼び出すことを意味します。

タプル (Tuple)

alias Int32StringTuple = {Int32, String}

これは以下と同じです。

alias Int32StringTuple = Tuple(Int32, String)

通常のコードにおいては、{Int32, String}Int32String を要素として持つタプルのインスタンスを意味します。これは上記のタプルとは異なります。

名前付きタプル (NamedTuple)

alias Int32StringNamedTuple = {x: Int32, y: String}

これは以下と同じです。

alias Int32StringNamedTuple = NamedTuple(x: Int32, y: String)

通常のコードにおいては、{x: Int32, y: String}Int32String をキー xy の値として持つ名前付きタプルのインスタンスを意味します。これは上記の名前付きタプルとは異なります。

Proc 型

alias Int32ToString = Int32 -> String

これは以下と同じです。

alias Int32ToString = Proc(Int32, String)

引数を持たない Proc を指定するには以下のようにします。

alias ProcThatReturnsInt32 = -> Int32

複数の引数を持つ Proc を指定するには以下のようにします。

alias Int32AndCharToString = Int32, Char -> String

ネストされた Proc に対しては (および実際にはどんな型であっても) カッコを利用することができます。

alias ComplexProc = (Int32 -> Int32) -> String

通常のコードでは Int32 -> String は構文エラーです。

self 型

型の文法では selfself 型であることを示すために利用できます。詳しくは型制約を参照してください。

class 型

class はインスタンスの型ではなく、クラス自身の型を参照するために利用できます。

例をあげます。

def foo(x : Int32)
  "instance"
end

def foo(x : Int32.class)
  "class"
end

foo 1     # "instance"
foo Int32 # "class"

class はクラスの型を持つ配列やコレクションを作る場合にも有効に使えます。

class Parent
end

class Child1 < Parent
end

class Child2 < Parent
end

ary = [] of Parent.class
ary << Child1
ary << Child2

アンダースコア

型制約でアンダースコアを使うことが可能です。それはすべてにマッチすることを示します。

# 型制約を指定しないことと同じです。あまり便利な例ではありません。
def foo(x : _)
end

# もう少し有用な例として、これは引数を2つ受け取って Int32 を返す Proc を表します
def foo(x : _, _ -> Int32)
end

typeof

typeof を型の文法で使うこともできます。渡された式の型の組み合わせ (ユニオン型) を返します。

typeof(1 + 2)  # => Int32
typeof(1, "a") # => (Int32 | String)

results matching ""

    No results matching ""