while

whileは条件式が真となる間は繰り返して本体を実行します。

while some_condition
  do_this
end

まず条件式に対して判定が行なわれて、真であったときに本体が実行されます。これはつまり、本体が1度も実行されない場合もあるということです。

whileの型が常にNilです。

ifのように、whileの条件式が変数であった場合、本体ではその変数はnilではないことが保証されます。条件式がvar.is_a?(Type)という形なら、本体ではvarType型であることが保証されます。さらに、var.responds_to?(:method)という形なら、本体ではvarがそのメソッドを持つことが保証されます。

whileを実行したあとの変数の型は、while以前の型と、whileを抜ける直前の型によって決まります。

a = 1
while some_condition
  # a : Int32 | String
  a = "hello"
  # a : String
  a.size
end
# a : Int32 | String

条件によってループを抜ける

ループを抜けるための条件を設定することで、必ず1回は本体を実行することができます。

while true
  do_something
  break if some_condition
end

標準ライブラリのloopを利用しても同じことが可能です。

loop do
  do_something
  break if some_condition
end

results matching ""

    No results matching ""