データベース

リレーショナルデータベースにアクセスするには、使用したいデータベースサーバー用に設計された Shard が必要です。crystal-lang/crystal-db パッケージは異なるドライバーに対して統一された API を提供します。

次のパッケージ群は crystal-db に準拠しています。

このガイドでは、crystal-db の API を紹介していますが、 postgres 、 mysql 、 sqlite の違いにより、具体的なドライバに合わせてsqlコマンドを変更する必要があるかもしれません。

また、いくつかのドライバーでは postgres の LISTEN/NOTIFYのように追加の機能を提供します。

shard のインストール

上のリストから適切なドライバを選択し、アプリケーションの shard.yml に任意の shard を追加します。

crystal-lang/crystal-db を明示的に追加する必要はありません。

このガイドを通して crystal-lang/crystal-mysql を使用します。

dependencies:
  mysql:
    github: crystal-lang/crystal-mysql

データベースのオープン

DB.open はコネクション uri を用いて容易なデータベースへの接続を提供します。uri のスキーマは期待されるドライバーを決定します。次のサンプルでは、root ユーザーを空パスワードで、 test という名前のローカルの mysql データベースに接続しています。

require "db"
require "mysql"

DB.open "mysql://root@localhost/test" do |db|
  # ... クエリを実行するために db を利用します
end

その他の接続 uri です。

  • sqlite3:///path/to/data.db
  • mysql://user:password@server:port/database
  • postgres://server:port/database

あるいは、最後に Database#close が呼ばれるまで終了しない yield を用いない DB.open を使うこともできます。

require "db"
require "mysql"

db = DB.open "mysql://root@localhost/test"
begin
  # ... クエリを実行するために db を利用します
ensure
  db.close
end

実行

sql 文を実行するには Database#exec を利用します。

db.exec "create table contacts (name varchar(30), age int)"

SQL インジェクション を避けるため、クエリパラメータとして値を与えることが出来ます。 クエリパラメータを使用するための構文はデータベースドライバに依存します。なぜならそれらは通常データベースに渡されるだけだからです。MySQL ではパラメータの展開に ? を使用し、代入は引数の順序に基づいて行われます。PostgreSQL では $n を使用し、 n は1から始まる引数の順序です。

# MySQL
db.exec "insert into contacts values (?, ?)", "John", 30
# Postgres
db.exec "insert into contacts values ($1, $2)", "Sarah", 33

クエリ

クエリを実行し結果セットを得るために Database#query を使用します。引数は Database#exec と同様です。

Database#query はクローズする必要のある ResultSet を返します。Database#open のように、 ブロックとともに呼び出した場合は、 ResultSet は暗黙のうちにクローズされます。

db.query "select name, age from contacts order by age desc" do |rs|
  rs.each do
    # ... ResultSet の各行が実行される
  end
end

データベースから値を読み込む際には、コンパイル時に crystal が使用できる型情報がありません。データベースから取得するとされるタイプ T と共に rs.read(T) を呼び出す必要があります。

db.query "select name, age from contacts order by age desc" do |rs|
  rs.each do
    name = rs.read(String)
    age = rs.read(Int32)
    puts "#{name} (#{age})"
    # => Sarah (33)
    # => John Doe (30)
  end
end

最上位の #query には、多くの便利なクエリメソッドが構築されています。

一度に複数の列を読み取ることが出来ます:

name, age = rs.read(String, Int32)

1行で読み取ることもできます:

name, age = db.query_one "select name, age from contacts order by age desc limit 1", as: {String, Int32}

また、ResultSet を明示的に取り扱わずにスカラ値を読み取ることもできます:

max_age = db.scalar "select max(age) from contacts"

データベース内で文を実行するためのすべての利用可能なメソッドは DB::QueryMethods で定義されています。

results matching ""

    No results matching ""